武庫の郷HOME > WEB 美味伝承甲南漬資料館 > 奈良漬のルーツ

奈良漬のルーツ

家康への献上品

江戸時代には、今日と同様のお酒が出来ており、酒粕についても同様のものが副産物として出回ったと考えられます。

慶長の頃、奈良中筋町の糸屋宗仙という医者が瓜の粕漬作りの名人で、大阪夏の陣の時に徳川家康の陣屋にこの粕漬を献上したところ、大変その風味が喜ばれ、後に、家康が天下を取ったとき、医者をやめさせ、奈良漬作りの幕府御用商人にさせたといわれています。
当時の奈良漬は高級なもので、家康はそのファンであったと思われます。

江戸時代、川柳に次ぎのようにうたわれています。
「ほんのりと 嫁ならづけの 船に酔い」
「ならづけに ひょっとおの字を つける下女」

< 平安時代・室町時代

武庫の郷HOME > WEB 美味伝承甲南漬資料館 > 奈良漬のルーツ